福祉現場で働こう|ピアノレッスンでアーティストのように弾けるようになる

ピアノレッスンでアーティストのように弾けるようになる

複数の人

福祉現場で働こう

女性

福祉現場で働くために

社会福祉士は国家資格であり、現在、新潟の福祉現場で非常に求められている仕事である。近年、社会福祉士の国家資格の合格率は25%前後と高くなく、取得するのも簡単ではない。社会福祉士の仕事内容としては、児童や高齢者や障碍者などの自立が難しく、支援が必要な方に対して、本人の能力や家庭環境及び地域との関わりをアセスメントして、必要な助言や新潟の社会資源を提供したり、コーディネートしたりすることが挙げられる。主に、施設などで働くことが多い。新潟などの地域に即した支援をするためには、まず情報を集めることが必要となる。基本的な知識を学ぶためには、福祉系の大学や短大、専門学校への進学が必要であるが、地元への就職を考えるならその土地の学校への進学する方が有利であろう。

仕事をイメージする

社会福祉士は名称独占の専門職であり、福祉現場で働くためには資格を取ることが必要である。新潟で働くのであれば、地元の専門学校や短大、大学に進学することが望ましい。実習などを通して自らの適性を確認した上で、仕事を選ぶことも大切だろう。資格は取れたものの、実際の現場のギャップに悩む人も多くいる。特に、仕事時間のわりに給料が安く、なかなか昇給が難しいのがこの業界である。思いだけでは仕事が続きにくい。しかし、人の役に立ちたいという思いがあり、社会に貢献したいという気持ちが強ければ仕事の幅は広がっていく。自分が何をしたいか、実際に働いている人の話を聞きながら将来のイメージを作っていくことも大切だろう。メリット・デメリットの両方を知った上で自分の進路を考えよう。